簡単料理で時短!6つのカテゴリ別アイデアで美味しさ満点!

手作り料理
記事内広告1

はじめに

こんにちは、みなさん!

忙しい毎日の中で、美味しくて簡単に作れる料理は心強い味方です。
しかし、いつものレパートリーに飽きて、新しいアイデアが欲しいと感じることもありますよね。

今回は、提供されたテキストをもとに、簡単料理を6つのカテゴリーに分けてご紹介します。

それぞれのカテゴリーには、さらに詳しく簡単料理を2つずつピックアップしています。
これらの料理は、時短で栄養価も高く、お子様から大人まで喜ばれるメニューばかりです。
ぜひ、晩ごはんや週末のブランチなどに取り入れてみてください。

それでは一緒に見ていきましょう!!

和食

白身魚のみそ焼き

画像引用元:加藤美蜂園本舗さん、はちみつレシピより引用

白身魚のみそ焼きは、ハチミツとみそを使った甘みとコクのある味わいが魅力です。
オーブンで焼くので、調理中に他のおかずを準備することができます。
所要時間は30分で、カロリーは687kcalです。
盛り付けには野菜を取り入れて、彩りも豊かにしましょう。

みそ焼きを作るときは、ちょっとしたポイントがあります。
まず、みそとハチミツの比率に気を付けてください。
甘みが強すぎず、コクもあるバランスが大切です。
また、オーブンの温度や焼く時間によって、焼き加減が変わってくるので、焼き上がりを確認しながら調整しましょう。

作ってみたい方はこちらのレシピサイトをご覧ください。
はちみつレシピを掲載してくれている、「サクラ印ハチミツ」の株式会社加藤美蜂園本舗さんが、プロの美味しそうなレシピを掲載してくれています。
https://www.sakura-honey.co.jp/recipe/recipe/246/

豚肉とさつまいもの甘辛炒め

引用元:そこにスパイス&ハーブS&B様HP

豚肉とさつまいもの甘辛炒めは、家族にも喜ばれる和風のおかずです。
豚肉は体の疲れを取ってくれる効果があります。
そして、さつまいもの甘みが豚肉とよく合い、彩りも美しい一品です。
所要時間は20分で、カロリー表示はありませんが、野菜をたっぷり使っているのでヘルシーです。

さつまいもを炒めるときには、火加減に注意しましょう。
強火で炒めすぎると、さつまいもが硬くなってしまいます。
中火でじっくり炒めることがポイントです。
また、調味料の量も加減しやすいので、お好みの味付けで楽しんでください。

詳しいレシピはこちら調味料等を販売されているS&Bさんが美味しいレシピを公開してくれています。
ポイントはS&Bさんの「おろししょうが」を入れる事がポイントとなっていますが、とっても美味しそうで参考になるレシピです。
是非参考にされてみて下さい!!
https://www.sbfoods.co.jp/recipe/detail/05231.html

洋食

定番マッシュポテト

マッシュポテトは、洋食メニューの定番です。
調理時間は約20分で作りやすく、ほかのおかずを準備しながら調理できます。
粉チーズを使って、コクと旨味をプラスして美味しく仕上げましょう。
所要時間は20分で、カロリーは144kcalです。

美味しいマッシュポテトを作るポイントは、じゃがいもを蒸かすことです。
水分を逃がさないように蒸し上げることで、しっとりとしたマッシュポテトが作れます。
また、バターや牛乳の量も調整して、自分好みの食感を楽しみましょう。

マッシュポテトは食べやすく、食感もやわらかいので子供達も大好きな料理です。
アレンジもしやすいので、チーズをのせたり、こんがり焼き目を付けたり、ウインナーなどをトッピングしたり、野菜を混ぜ込んだり、栄養素もばつぐんですので、是非挑戦してみて下さい。

詳細のレシピはクラシルさんが定番のマッシュドポテトの作り方のレシピを公開してくれています。
是非参考にされてみて下さい。
動画付きなのでとっても分かりやすいですよ!
https://www.kurashiru.com/recipes/d5e72980-ec62-4588-ba3b-71f42a073a26

サツマイモとシーフードのシチュー

引用元:ヤオコーレシピさんHPより「根菜たっぷり海鮮シチュー」

サツマイモとシーフードのシチューは、短時間で作れる洋食です。
さつまいもや玉ねぎ、マッシュルームなどの旨味が溶け込んで、幸せな気分に浸れます。
所要時間は25分で、カロリーは274kcalで栄養満点です。

美味しいシチューを作るコツは、ルウの溶かし方です。
火加減を弱火にして、じっくりとルウを溶かしましょう。
ゆっくりとルウが溶けることで、シチューがよりなめらかな仕上がりになります。
また、シーフードは最後に加えて、短時間で火を通すことがポイントです。

シーフードシチューは野菜と魚介類を美味しく一緒に取れるので栄養素は抜群です。
子供向けのご飯のおかずや、暖かいものが食べたい時など、ほっこりさせてくれる逸品です。
調理時間も長くないので是非お試し下さい。

詳細のレシピはこちらをご紹介!
明治23年に八百屋さんを立ち上げて、現在はスーパーマーケット展開、経営している株式会社ヤオコーさんが「ヤオコーレシピ」というサイトを立ち上げて色んなレシピを公開してくれています。
そこに、「根菜たっぷり海鮮シチュー」を掲載してくれていますので、是非参考にされてみて下さい!
近所に「YAOKO」さんが無くても、スーパーで揃う食材で簡単にできるので是非!!
近所に「YAOKO」さんがある場合は、是非食材も買ってあげましょうね!
https://recipe.yaoko-net.com/detail/045556.html

丼物と魚料理

牛丼

丼ものと言えば、真っ先に出てくる牛丼!

丼ものの中でもNo.1人気の牛丼は、短時間で作れる簡単レシピです。
切り落としやこま切れ肉を使って、冷凍保存も可能です。
具材をお好みでプラスしたり、トッピングしたりするのもおすすめです。
所要時間は30分以下で、カロリー表示はありませんが、ヘルシーな食品です。

美味しい牛丼を作るためには、味付けがポイントです。
しょうゆ、みりん、砂糖のバランスが大切ですので、自分好みの味に調整しましょう。
また、玉ねぎと牛肉をよく炒めることで、旨味がアップします。
最後に卵を添えると、見た目も豪華です。

牛丼は大人から子供まで誰もが大好きな料理の逸品です。
ご飯とおかずが1つのどんぶりの上で完結し、洗い物も少なくて済みます。
牛丼はアレンジが豊富で、野菜や豆腐などを好みで追加してもとても牛肉と合うので、栄養バランスも抜群です!!

詳細レシピは味の素さんが提供するレシピサイトで、作り方を掲載してくれています。
是非、参考にされてみて下さい!
味の素さんが取り扱っている、「ほんだし」が決め手として使われていますので、是非、お試し頂けると良いかと思います。
味がととのう事、間違いなしですね!!
https://park.ajinomoto.co.jp/recipe/card/704014/

鮭の照り焼き

画像引用元:白ご飯.com「鮭の照り焼きのレシピ/作り方」さんより引用

甘辛い味付けの鮭の照り焼きは、大人から子どもまで喜ばれます。
下ごしらえを丁寧にすることで、ふっくらと美味しい仕上がりになります。
日持ちもするので、作り置きやお弁当のおかずにもぴったりです。
所要時間は15分で、カロリー表示はありませんが、鮭には良質なたんぱく質とオメガ3系の脂肪酸が含まれています。

鮭の照り焼きを作る際には、下ごしらえをしっかりと行いましょう。
鮭は水分をよく拭き取り、焼く前に片栗粉を薄くまぶしておくことで焼き色がつきやすくなります。
また、焼いている途中で照り焼きのタレを何度もからめることで、充分に味が染み込みます。

鮭は美味しく焼く事でご飯が進む、絶品のおかずのひとつです!
特に照り焼きは、ひとくち食べると暖かい白ご飯を口にかきこみたくなります。
大人から子供まで美味しく食べれる逸品ですので、是非お試しください。
調理時間も短いので、簡単に出来上がります。

詳細のレシピは「白ご飯.com」という、なんとも美味しそうなサイトで公開してくれています。
白ご飯.comさんは「鮭の照り焼きのレシピ/作り方」を写真つきで手順を公開してくれているので、とても分かりやすく、丁寧です。
チャレンジされてみると分かりますが、とても美味しく出来上がりますので、是非参考にしてみて下さい。
https://www.sirogohan.com/recipe/saketeri/

卵料理

お揚げの卵とじ丼

画像引用元:「相模屋」さんの公式HPレシピサイトより

卵料理でも丼ものを1つ紹介します。

お揚げの卵とじ丼は、手早く、コスパよく作れる卵料理です。
ふわふわのお揚げと卵、だしの風味であっという間に完食できそうですね。
所要時間は15分で、カロリーは661kcalです。

美味しい卵とじ丼を作るためには、だしの味付けがポイントです。
しょうゆ、みりん、砂糖のバランスが大切で、さっぱりとした味わいに仕上げましょう。
また、卵を入れるタイミングも重要です。
具材がぐつぐつと煮立ってから、卵を加えて煮るのがコツです。

お砂糖の量に関してはお好みで調整してください。
多めに入れるとあまくなり、子供うけはしますが、大人にはちょっと…という反応が高くなりがちです。
だしの味付けがポイントで、だしの量で調整し、甘すぎない様に作りましょう。

詳細のレシピにつきましてはこちら
お豆腐やお揚げを長年専門的に販売されている、相模屋食料株式会社「相模屋」さんのレシピサイトです。
相模屋さんの販売されている「手上げ風油揚げパック」を使用してとても美味しそうに仕上げられています。
流石プロのレシピですね!
https://www.sagamiya-kk.co.jp/recipe/product/aburaage/rec_1203.php

豚ひき肉とナメタケの蒸しもの

画像引用元:Eレシピさん「ひき肉とナメタケの蒸しもの」より参照

ナメタケを使った絶品簡単レシピがこちら!

豚ひき肉とナメタケの蒸しものは、具材を混ぜて耐熱皿に乗せるだけで、豚ひき肉の美味しさを存分に味わえる絶品料理が簡単に作れます。
レシピでは蒸し器を使っていますが、電子レンジでも調理ができるので、蒸し器を持っていない人でも手軽に作れます。
油で焼いたり揚げたりしないのでヘルシーです。
所要時間は15分で、カロリーは321kcalです。

豚ひき肉とナメタケの蒸しものを作るポイントは、ミキサーやフードプロセッサーで具材をすり潰さず、手で混ぜることです。
これにより、食感が良くなります。
また、蒸す時間を自分好みに調整して、やわらかさやふっくら感を楽しみましょう。

ナメタケの蒸し物はとてもヘルシーで且つ簡単で、Eレシピさんが詳細を掲載してくれています。
とても美味しそうに出来上がりますので、是非参考にされてみて下さい。
https://erecipe.woman.excite.co.jp/detail/79391c64afe6848df3fd18daf6be931b.html

まとめ

いかがでしょうか。

今回は、簡単料理を6つのカテゴリー別にご紹介しました。
どれも美味しくて手早く作れるメニューばかりです。
普段の食事やお弁当、休日のブランチなど、様々なシーンで活用してみてください。

また、工夫を加えることで、さらに美味しく、栄養価も高くなります。
今回ご紹介させて頂いたレシピは、あくまでも基本ベースと考えられて頂いてOKです。

野菜を加えたり、キノコ類を加えたり、チーズなどをトッピングしても、味付けのベースが変わらない限り、料理のベースが大幅に変わる事はないと思います。
忙しい日々でも、手軽に作れる料理で健康をサポートしましょう。

私のポイントとしては、翌日も食べれる作り置きになる事と、お弁当に入れる逸品になる事です。
とても経済的ですし、当日食べ切れなくても、全く問題なし!!
これが一番のポイントだと考えます。

忙しい毎日を送っているので、当日食べれなければ、翌日食べれればOK!
気軽に料理に向かいましょう!!

よくある質問

Q1. みそ焼きはどのように作れますか?

A1. みそ焼きは、ハチミツとみそを使った甘みとコクのある味わいが特徴です。
オーブンで焼くことができ、野菜を添えて彩りも楽しめます。
焼き加減や甘みのバランスには注意が必要です。

Q2. 豚肉とさつまいもの甘辛炒めのポイントはありますか?

A2. 豚肉とさつまいもの甘辛炒めは、家族に喜ばれる和風のおかずです。
さつまいもを中火でじっくり炒めることがポイントで、調味料の量もお好みで調整できます。

Q3. マッシュポテトの作り方を教えてください。

A3. マッシュポテトは洋食の定番メニューです。
じゃがいもを蒸かしてから調理し、粉チーズを加えてコクと旨味をプラスします。

Q4. 鮭の照り焼きを作るコツはありますか?

A4. 鮭の照り焼きを作る際には、鮭に片栗粉をまぶして焼き色をつけることや、照り焼きのタレを焼いている途中で何度もからめることがポイントです。
下ごしらえにも注意しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました