あなたは肉派?魚派?【焼肉】と【寿司】で美味対決してみた件!!

食べるの大好き!

こんにちは、皆さん!

今回は、食欲をそそるテーマ、「肉派?魚派?焼肉と寿司の美味対決」についてお話ししましょう。
みなさんは、どちらがお好きですか?

ジューシーな焼肉と、新鮮な寿司
一口に言っても、その魅力は無限大ですよね。

例えば、目の前にとても新鮮で、美味しそうな、牛肉や豚肉、鳥肉などのお肉や、刺身で食べられるお肉が並んでいたらどう思いますか?
「わー、美味しそう」「これだけで幾らするんだ?」「食べてみたい!」と、思いますよね。
私でもそう思います!!
でも、その横には、熟練の板前さんが、新鮮な魚をさばいていて、その場で好きなお寿司を何でも握ってくれるとすると、どう思いますか?
「わー、美味しそう」「これだけで幾らするんだ?」「食べてみたい!」と、思いますよね。

しかし、どちらかしか食べられないとしたら、どっちを選びますか。
さあ、どっち?????

  1. はじめに
  2. 第1章: 焼肉の魅力
    1. 焼肉の多様性
      1. 1.1 カルビとハラミの対決
      2. 1.2 ホルモンのアドベンチャー
    2. 焼肉の楽しさ、自分だけの焼き加減
      1. 1.3 レア?ミディアム?ウェルダン?
      2. 1.4 タレや薬味の遊び心
    3. 焼肉の社交性
      1. 1.5 グループで楽しむ焼肉
      2. 1.6 特別な日の選択として
    4. 焼肉の歴史と文化
      1. 1.7 伝統と革新の融合
      2. 1.8 焼肉のお供、キムチ
    5. 焼肉レストランの多様性
      1. 1.9 高級焼肉店の贅沢
      2. 1.10 ご家庭向けの焼肉
    6. 焼肉への愛と楽しみ方の多様性
  3. 第2章: 寿司の魅力
    1. 寿司の新鮮なネタ
      1. 2.1 魚介のバラエティ
      2. 2.2 握りの芸術
    2. 寿司のバラエティ豊かなメニュー
      1. 2.3 刺身や丼物の進化形
      2. 2.4 寿司以外の創作寿司
    3. 寿司の和やかな雰囲気
      1. 2.5 寿司カウンターの魅力
      2. 2.6 寿司屋の心地よい静寂
    4. 寿司の歴史と文化
      1. 2.7 寿司の起源と進化
      2. 2.8 寿司の季節感
    5. 寿司レストランの多様性
      1. 2.9 回転寿司の手軽さ
      2. 2.10 寿司カウンターの職人技
    6. 寿司への愛と楽しみ方の多様性
  4. 第3章: 対決!焼肉 vs. 寿司
    1. 対決の舞台:焼肉
      1. 3.1 焼肉の醍醐味を再確認
      2. 3.2 肉の種類や焼き加減の選択肢
      3. 3.3 ソーシャルな食事体験
    2. 対決の舞台:寿司
      1. 3.4 寿司の楽しみ方
      2. 3.5 職人技の鑑賞
      3. 3.6 静かな雰囲気
    3. 対決の結末
      1. 3.7 どちらが好みかは個人の選択次第
      2. 3.8 両方を楽しむ贅沢
      3. 3.9 両者の魅力を存分に楽しむ
    4. 焼肉 vs. 寿司:どちらが勝つ?
    5. どちらが好みかはあなた次第
  5. まとめ: 両者を愛でる食の楽しみ
記事内広告1

はじめに

肉派か魚派か、それぞれの魅力についての内容はこのあと見て頂くとして、まずは、肉派の人、魚派の人がどれくらいいるのか、見て頂きたいと思います。

Asahiグループホールディングスさんが調べたアンケート結果としては、以下の様な表になっていると掲載されていました。

Asahi:ハピ研毎週アンケートより引用
https://img.asahibeer.co.jp/enjoy/hapiken/maian/bn/200902/00273/

「魚料理が大好き」と回答した人は13.3%
「どちらかといえば、魚料理が好き」という声も31.6%
アンケート結果を見ると、全体の44.9%が「魚派」だということが分かりました。

「肉料理が大好き」と回答した人は16.4%
「どちらかといえば、肉料理が好き」という人は38.4%
全体の54.8%が「肉派」であることが分かってきました。
「魚派」と「肉派」の対決については、約10%の差を付けて「肉派」の方が多い事が分かってきました。

主な理由としては「こってり系の肉料理が好き」(男性40代)、「(肉は)調理も簡単で、安価に買える」(女性30代)「脂の旨み」「調理のし易さ」「値段の安さ」の声が多かったようです。

その中で、魚を避ける理由としては「生臭い」、「骨がある」「焼いたときの煙と臭いが大変困る」
「下ごしらえが手間」「小骨が多い」などの声が寄せられました。

次に、年代別でも「肉派」と「魚派」のアンケート結果も見ていきたいと思います。

Asahi:ハピ研毎週アンケートより引用
https://img.asahibeer.co.jp/enjoy/hapiken/maian/bn/200902/00273/

年代別では「肉料理が大好き」「どちらかといえば、肉料理が好き」という声は、20代で64.2%
30代で62.3%40代で58.5%と「肉派」が圧倒的にシェアを取っていたのですが、50代から「肉派」が一気に減少します。
「魚派」50代で56.2%60代で68.1%と、年齢が上がると一緒に「肉派」から「魚派」に逆転する傾向が見受けられました。
理由としましては、「年齢で肉の脂で胃もたれがする」「魚の方が健康に良い」など、年齢とともにコレステロールや中性脂肪を気にする声を理由に、魚派の声が次第に増えてきます。
健康面を気遣ってと言われる「魚派」が増えていきます。

詳しく知りたい方は、こちらのAsahiグループホールディングスさんのHPを掲載しておきます。
https://img.asahibeer.co.jp/enjoy/hapiken/maian/bn/200902/00273/

それでは、肉派と魚派の代表料理である、「焼肉」「寿司」に分けてみていきましょう。

第1章: 焼肉の魅力

まずは、焼肉から始めましょう。

焼肉、それは肉好きの楽園。
香ばしい焼けた肉の香りが鼻をくすぐり、目の前でシンプルながらも奥深い調理法が繰り広げられる焼肉の魅力について、さらに詳しく探っていきましょう。

焼肉の多様性

焼肉の醍醐味の一つは、その多様性にあります。
異なる部位や種類の肉が楽しめるため、食通から初心者まで、あらゆる層の人々が幅広い選択肢から自分好みの味を見つけることができます。

家でも美味しいお肉は自分好みで柔らかく焼けます。
焼き方についての記事はこちらもご覧ください!
https://norintheworld.com/shippaishinaipointoste-ki/

1.1 カルビとハラミの対決

代表的な部位として、カルビとハラミの二つが挙げられます。
カルビは霜降りで柔らかく、脂の旨味がギュッと詰まっています。
一方で、ハラミは赤身と脂身のバランスが絶妙で、肉の旨味が凝縮されています。
どちらが良いかは好みの問題であり、焼肉の楽しみの一環です。

1.2 ホルモンのアドベンチャー

焼肉店に足を運べば、ホルモンメニューにも出会えます。
ホルモンは一般的に内臓部位で、普段口にしない部位も含まれますが、その独特の風味や食感が熱狂的なファンを生み出しています。
ホルモン好きなら、腸詰めやミノを試してみると新たな発見があるかもしれません。

焼肉の楽しさ、自分だけの焼き加減

焼肉は料理のプロセスそのものが楽しいものです。
自分で焼くことで、食べる瞬間の期待感が高まります。
さらに、肉の焼き加減を自分好みに調整できるのも焼肉ならではの楽しみ方です。

1.3 レア?ミディアム?ウェルダン?

肉を焼く上での永遠の問い、「焼き加減はどうするか?」。
レア派は中が生っぽい状態が好きな人々で、肉の旨味が最も感じられます。
ミディアムは中がほんのりピンク色で、肉の柔らかさと旨味のバランスを楽しむスタイル。
一方でウェルダンはしっかりと火を通し、肉の熟成された風味を楽しむ人たちです。
どれもが焼肉の中で個々の好みに応じて選ばれることで、食事がより一層楽しくなります。

1.4 タレや薬味の遊び心

焼肉に欠かせないのが、タレや薬味の組み合わせ。
甘いタレに辛味の効いたにんにくやごま、それに塩やポン酢まで。
これらの組み合わせ次第で、同じ肉でも全く違う味わいを楽しむことができます。
自分だけのオリジナル調味料を見つけることも、焼肉の楽しみ方の一環です。

焼肉の社交性

焼肉はシェア料理として知られ、友人や家族と一緒に楽しむことが一般的です。
肉を焼きながら、会話を楽しむ贅沢な時間は、食事だけでなくコミュニケーションの場としても大いに重要です。

子供と一緒に楽しめるのも焼肉は効果的です。
家庭で子供向けに食べやすい焼き方や味付けについて記載した記事はこちらでお楽しみ下さい。
https://norintheworld.com/yawarakastakeniku/

1.5 グループで楽しむ焼肉

焼肉は個々のテーブルにグリルが備えられており、それぞれが自分たちのペースで楽しむことができます。
一つの焼肉テーブルを囲んで、肉を焼きながら笑い声や会話が絶えない様子は、焼肉ならではの楽しみ方です。

1.6 特別な日の選択として

また、焼肉は特別な日やイベントにも最適な選択肢です。
誕生日や記念日、仲間との再会など、肉を囲んでお祝い事をすることで、食事そのものがより特別なものとなります。
焼肉はそのシンプルながらも優れた味わいと、共有する喜びを提供してくれるのです。

焼肉の歴史と文化

焼肉の起源は韓国にあり、日本には戦後に入ってから本格的に広がりました。
その歴史や文化も焼肉の魅力に一役買っています。

1.7 伝統と革新の融合

焼肉は日本において、伝統的な調理法と新しいアイディアが融合した結果生まれた料理と言えます。
伝統的な焼肉から進化した新しいスタイルまで、様々な焼肉の形が存在し、食文化の進化と共に時代とともに成長しています。

1.8 焼肉のお供、キムチ

焼肉の食べ方に欠かせないのが、キムチ。
ピリ辛で爽やかなキムチは、肉の脂っこさを程よくカットし、食欲をそそります。
焼肉とキムチの相性は抜群で、これがまた焼肉の楽しさを引き立てています。

美味しいキムチは自宅でも制作可能です。
三越伊勢丹グループのFoodie(フーディー)さんがプロのレシピをこちらで公開してくれています。
https://mi-journey.jp/foodie/31981/

焼肉レストランの多様性

焼肉レストランもその形態は様々。
高級店からファミリー向けの店舗まで、そのバリエーションは広範囲にわたります。

1.9 高級焼肉店の贅沢

高級焼肉店では、極上の和牛や希少な部位が提供され、職人の技が光る空間で贅沢なひと時を過ごすことができます。
こうした場所では、焼肉が単なる食事以上の体験となります。

1.10 ご家庭向けの焼肉

逆に、ご家庭でも手軽に楽しめる焼肉も人気。
スーパーマーケットや専門店で手に入る食材を用い、家族や友人とアットホームな雰囲気で焼肉を楽しむことができます。
焼肉はその幅広いスタイルで、様々な場面に対応してくれるのです。

焼肉への愛と楽しみ方の多様性

焼肉、それは肉愛の象徴。異なる部位や焼き加減、調味料の組み合わせ、そして楽しむ場所によって、焼肉は無限の可能性を秘めています。
日本の食文化において欠かせない存在となった焼肉は、その多様性と社交性を通じて、人々に愛され続けています。
焼肉というジャンルが提供する食の幅広さは、新たな発見と共に、いつもの食事を特別なものに変えてくれることでしょう。

第2章: 寿司の魅力

次に、寿司の魅力に迫りましょう。

シンプルでありながら、繊細で美しい寿司は、日本食の中でも特に高い評価を受けています。
新鮮なネタと酢飯のハーモニーが、口の中で広がります。

寿司、日本料理の中でも最も知られ、世界中で愛されている食べ物の一つ。
新鮮なネタと酢飯の絶妙なハーモニー、職人の繊細な技術が結びついた、その魅力について更に深く追求していきましょう。

寿司の新鮮なネタ

寿司の最大の魅力の一つは、その新鮮なネタにあります。
握りたての寿司は、素材の味をそのまま感じることができ、その鮮度が楽しみのひとつです。

ご自宅でも握りずしをお考えの方はmizkan(ミツカン)さんがこちらで掲載してくれています。
是非参考にチャレンジしてはいかがでしょうか。
https://www.mizkan.co.jp/ouchirecipe/recipe/?menu_id=19250

2.1 魚介のバラエティ

寿司のネタは、マグロ、サーモン、エビ、ハマチ、イクラなど、多岐にわたります。
各ネタが持つ風味や食感は異なり、それを楽しむことができるのが寿司の魅力のひとつです。
また、旬のネタが提供されることで、季節ごとに異なる寿司を楽しむこともできます。

2.2 握りの芸術

寿司職人は、シャリとネタを組み合わせる「握り」の技術に秀でています。
握りの形状や大きさ、そしてネタの載せ方一つで、同じネタでもまったく異なる味わいを生み出すことができます。
職人の手仕事によって創り出される美しい握りは、まさに食の芸術と言えるでしょう。

寿司のバラエティ豊かなメニュー

寿司のメニューは単なる握り寿司だけに留まりません。
様々なスタイルやアレンジが楽しめるため、寿司好きなら飽きることがありません。

2.3 刺身や丼物の進化形

寿司といえば握り寿司が一般的ですが、刺身や丼物など、そのバリエーションは広範。
刺身寿司ではネタを薄切りにして提供し、丼物ではネタを丼に盛りつけて食べるスタイルもあります。
これによって同じネタでも異なる楽しみ方ができるため、寿司は単なる握り寿司だけでなく、多岐にわたるバリエーションが楽しめる料理なのです。

2.4 寿司以外の創作寿司

また、近年では寿司の枠を越えた創作寿司も増えています。
例えば、寿司のネタを使った巻き寿司や、アボカドを使った寿司など、新しいアイディアがどんどん取り入れられています。
これにより、寿司の楽しみがより広がり、新たな味覚の発見が待っています。

創作寿司のひとつ、自宅でもできる手毬寿司を「株式会社にんべん」さんがHPにてこちらで掲載してくれています。
とても綺麗な創作寿司なので、チャレンジしたい逸品ですね。
https://www.ninben.co.jp/recipe/4358/

寿司の和やかな雰囲気

寿司は一品一品が小さく、丁寧に作られるため、和やかな雰囲気が漂います。
職人の手さばきや、寿司カウンターでの直接的なやりとりが、寿司を楽しむ上での特別な瞬間を生み出します。

2.5 寿司カウンターの魅力

寿司カウンターでは、職人が目の前で寿司を握り、その鮮やかな技術を間近で見ることができます。
カウンター席では、職人とのコミュニケーションも取りやすく、寿司をより身近に感じることができます。
この和やかな雰囲気は、寿司を楽しむ上での非常に重要な要素となっています。

2.6 寿司屋の心地よい静寂

寿司店の内装や雰囲気も、和やかな雰囲気を醸し出しています。
照明や調度品、カウンター席と掘りごたつ席の使い分けなど、寿司屋ならではの心地よい静寂が、食事を一層豊かなものにしています。

寿司の歴史と文化

寿司は日本の伝統的な食文化であり、その歴史や文化も魅力の一部です。

すしの屋台/「東都名所高輪廿六夜待遊興之図」の一部

2.7 寿司の起源と進化

寿司の起源は江戸時代にさかのぼりますが、当初は発酵させた魚を飯に載せたものでした。
時が経つにつれて、酢飯と生の魚を組み合わせる寿司が誕生し、これが現代の寿司へと進化していきました。
歴史を感じながら、今日の寿司がどのようにして生まれ変わったのかを知ることも、寿司を味わう上での楽しみ方の一つです。

寿司の歴史については、mizkan(ミツカン)さんが公式HPに「握り寿司」の歴史について記載してくれています。
もう少し詳細を知りたいかたはこちらもどうぞ。
https://www.mizkan.co.jp/sushilab/manabu/1.html

2.8 寿司の季節感

季節感を大切にするのも、寿司の文化の一環。
旬のネタを楽しむことで、その季節ならではの味わいを存分に味わうことができます。
春には桜エビや新子、夏には鰻や太刀魚、秋にはさんまや秋刀魚など、寿司は日本の自然と共に進化しています。

寿司レストランの多様性

寿司レストランもその形態は様々。
カジュアルな回転寿司店から、高級な寿司カウンターまで、そのバリエーションは広がります。

2.9 回転寿司の手軽さ

回転寿司は、手軽に多くの寿司を試すことができるスタイル。
流れてくる寿司の皿を見て選び、好みのものを手軽に楽しむことができます。
これにより、初めて寿司を食べる人でも気軽に楽しむことができ、寿司の普及にも一役買っています。

2.10 寿司カウンターの職人技

逆に、寿司カウンターでは職人の技が光る繊細な寿司が楽しめます。
高級な寿司店では、希少なネタや特別な握りが提供され、その職人の技術が高まった瞬間を堪能することができます。

寿司への愛と楽しみ方の多様性

寿司、それは日本の誇る食文化のひとつ。
新鮮なネタと職人の技が織りなす繊細な味わいや、和やかな雰囲気が、多くの人々を引き込んでいます。
握り寿司だけでなく、様々なバリエーションやスタイルを楽しむことができ、それぞれの場所や季節によって異なる楽しみが広がっています。
寿司を通じて、食の奥深さや日本の美意識を味わい尽くすことができるでしょう。

第3章: 対決!焼肉 vs. 寿司

さて、肉派と魚派、どちらが勝つでしょうか?
実は、これは主観的な問いでもあります。
それぞれの料理には独自の魅力があり、好みによって異なります。

焼肉と寿司、どちらが良いかと問われると、まるで心の葛藤が始まるようです。

それぞれが持つ独自の魅力と楽しみ方、そして食べる環境など、比較していくことで、どちらが好きか迷う方も多いことでしょう。
対決のステージを設け、焼肉と寿司の対決に迫ってみましょう。

対決の舞台:焼肉

松阪牛カルビ入り 焼肉 盛り合わせ800g 4種盛り 牛肉 和牛

3.1 焼肉の醍醐味を再確認

焼肉はその多様性や楽しみ方、そして社交性が特徴です。
焼肉店のテーブルには炭火が灯り、そこでさまざまな部位や種類の肉を焼き上げます。
その一つ一つが、焼肉ならではの旨味と香りを楽しむことができるのです。

3.2 肉の種類や焼き加減の選択肢

焼肉店に足を運ぶと、さまざまな肉の種類がラインナップされています。
柔らかなカルビ、ハラミ、ホルモン、それに和牛など。そして焼き加減も、レアからウェルダンまで、自分好みに焼き上げることができます。
焼肉は自分だけのオリジナリティを追求できる食事スタイルなのです。

3.3 ソーシャルな食事体験

焼肉はシェア料理の代表格。
仲間と一緒におしゃべりしながら、お肉を囲んで楽しむことができます。
肉を焼きながら、笑顔と共に食べる瞬間は、心地よい社交性と食事の楽しみを同時に味わえるのが魅力です。

対決の舞台:寿司

本マグロ 黒マグロ まぐろ 中トロ 250-300g前後

3.4 寿司の楽しみ方

寿司は繊細で美しい盛り付けが特徴で、新鮮なネタと酢飯の絶妙なハーモニーが楽しめます。
握り寿司はもちろん、刺身や巻き寿司、さらには丼物など、多岐にわたるバリエーションが存在します。
それぞれのスタイルによって、異なる楽しみ方が提供されます。

3.5 職人技の鑑賞

寿司カウンターでは、職人が目の前で握りを作り上げる光景が楽しめます。
その繊細な技術や芸術的な握りの形状は、寿司を楽しむ上での重要な要素です。
職人技を鑑賞しながら、新鮮なネタを味わう贅沢なひとときを過ごすことができます。

3.6 静かな雰囲気

寿司店は一般的に静かで落ち着いた雰囲気が広がります。
和やかな音楽や、木のぬくもりを感じる内装が、食事をより一層特別なものにしてくれます。
寿司は静謐な雰囲気と共に、味覚と視覚を同時に楽しむことができるのです。

対決の結末

3.7 どちらが好みかは個人の選択次第

焼肉と寿司、どちらが好きかと問われると、これはまさに個人の好みに依存します。
焼肉のジューシーで香ばしい肉の魅力に心を奪われるか、それとも寿司の繊細な味わいと職人技に感動するか。

どちらも食卓に華を添え、食事をより豊かなものにしてくれます。

3.8 両方を楽しむ贅沢

道水 黒潮本まぐろ 2種盛り合わせ(中トロ・赤身各150g)

実は焼肉と寿司は、同じ食事であっても組み合わせて楽しむこともできます。
例えば、焼肉で肉の旨味を満喫した後に、寿司で口直しするという贅沢な食事もおすすめです。
異なる料理スタイルを組み合わせることで、食のバラエティを楽しむことができます。

3.9 両者の魅力を存分に楽しむ

十文字屋商店 牛タン 牛たん 厚切り 牛タン仙台 300g

焼肉と寿司は、それぞれが異なる魅力を持っています。
焼肉は多様性と社交性があり、寿司は繊細な技術と静謐な雰囲気があります。
どちらも日本の食文化の一環であり、両者を存分に楽しむことで、食事の新たな発見が待っています。

焼肉 vs. 寿司:どちらが勝つ?

焼肉と寿司、どちらが勝つかと問われると、実は答えはありません。
それぞれが持つ特徴や楽しみ方、そして個人の好みによって選ばれることで、食卓に新たな楽しみが生まれます。
焼肉と寿司の対決は、どちらも愛される理由が詰まった、贅沢な選択肢と言えるでしょう。

どちらが好みかはあなた次第

最終的に、どちらが好きかはあなた次第です。
焼肉のジューシーな肉の旨味が好きならそれを、新鮮な寿司の繊細な味わいが好きならそれを。
時には焼肉と寿司を組み合わせて、食の幅を広げてみるのもおすすめです。

まとめ: 両者を愛でる食の楽しみ

いかがでしたでしょうか。

肉派?それとも魚派?
焼肉と寿司、どちらが良いとは言い切れません。

どちらも素晴らしい食文化であり、その魅力を味わい尽くすことで、食の幅が広がります。
食卓に並ぶ美味しい料理と、共に過ごす大切な人たちとのひととき。
それこそが、最高の贅沢なのかもしれませんね。

では、どちらを選びますか?

それでは、美味しい食事をお楽しみください!
最後までお読み頂きありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました